妊娠して初めて葉酸を知った妊婦さんのための情報サイト

葉酸が妊婦に必要な理由|葉酸はいつまで必要なのか

妊婦 画像

 

 
妊娠をしてから葉酸を初めて知った
 
このような妊婦さんは多いのではないでしょうか?
葉酸のことを産婦人科の講習で教えてもらったり、
友人や親御さんから聞いた人もいるでしょう。

 

なんとなく必要なのは聞いたけれど具体的には
葉酸って一体いつからいつまで摂取すればいいんだろう?」
と気になっているのではないですか?

 

結論から言うと妊婦さんが葉酸に一番必要な時期は、

 

妊娠0週から4週までの妊娠初期なのです。

 

「えっ?じゃあ、今から葉酸を摂っても意味ないの?」と思うかもしれませんが、
そんなことはありません。

 

妊娠初期だけではなく、葉酸は授乳中にも重要になる栄養素なんですよ。

 

この記事では、妊娠して初めて葉酸のことを知った妊婦さんのために、
葉酸の必要性といつからいつまで摂取したらいいのかを説明していきますので、
是非参考にして下さいね。

 

 

葉酸とは

そもそも葉酸とは何でしょうか?
葉酸は水溶性のビタミンB群の一種。

 

妊婦や妊娠を希望する女性に最も必要な栄養素です。

 

タンパク質やDNAを作りだすのに必要な栄養素として体内で活躍することができ、
赤血球の生産を助ける造血ビタミンとも呼ばれています。

 

葉酸にはどのような効果があるの

 

妊婦に必要な葉酸の効果は以下の5つです。

 

  • 無脳症や二分脊椎を予防する
  • 胎児の成長を促進する
  • 悪性貧血予防
  • 母乳の出をよくする
  • 産後の子宮の回復をサポート

 

無脳症と二分脊椎は聞きなれない人が多いでしょうね。
この二つは神経管閉鎖障害といって、先天性の病気です。

 

無脳症は死産になる可能性が非常に高く、無事に産まれてきても一週間以内に死んでしまうことがほとんどなので、人工妊娠中絶を余儀なくされてしまいます。

 

冒頭で説明した妊娠初期に葉酸が必要な理由は、
この神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができるからです。

葉酸はいつまで摂取すればいいのか

 

妊娠初期に葉酸を摂取しなかったからといっても焦る必要はありません
妊娠初期だけではなくても3ヶ月までに摂取し始めれば神経管閉鎖障害のリスクは減らすことができます。

 

それだけでなく、葉酸の効果は母乳の出を良くしたり、産後の子宮の回復をサポートしてくれる栄養素でもあるので授乳期までしっかり葉酸を摂取するようにしましょう。

 

葉酸は食事からは摂りにくい

 

葉酸は食事から摂るのが難しいというのは知っていますか?
先ほど、葉酸は水溶性のビタミンB群だと説明しましたね。

 

水に溶けやすいため、スープなどにすると溶けてしまいます。
さらに、熱に弱いという特徴もあるので調理すると葉酸を摂取することが困難になるのですね。

 

そこで、葉酸を効率よく摂ってもらうために厚生労働省はサプリメントによる葉酸の摂取を推奨しています。
葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

 

赤ちゃんの為にも、自分の為にも葉酸サプリを飲んであげてくださいね。

 

若い女性に人気の葉酸サプリ

 

せっかくサプリメントを飲むのですから、葉酸だけではなく、
他の栄養素も含んでいるものを選ぶようにしましょう。
特に鉄分カルシウムは必須です。

 

他のサプリメントを併用はなるべく避けて、
1種類のサプリから栄養を摂取した方が添加物の摂取量も少なく済みますよ。

 

赤ちゃんのためにも、なるべく無添加を選びたいですね。
たまごクラブでもお馴染みサプリで、おすすめなのが
『ベルタ葉酸サプリ』です。

 

ベルタ葉酸サプリ

とてつもなく人気商品で
妊婦さんなら知らない人はまずいないでしょう。
定期便で3980円。
一日当たり133円と少し高いですが、
その値段以上の栄養素が豊富に配合されていますよ。

 

妊娠中はホルモンバランスの乱れや栄養の偏りで、肌荒れが起きやすいです。
ベルタ葉酸サプリはその高い美容効果で若い妊婦さんに人気です。
他の葉酸サプリと比べてみてくださいね。

 

⇒ベルタ葉酸公式サイト